日本自動車サービス開発株式会社

堀 様

ご利用ステータス: 月極駐車場

情報量が圧倒的。漏れなくしっかり集めて頂いている、と期待以上のデータです。
本音を言うと…弊社だけが使えるデータであってほしいと思うほど。

macciを導入される前は、どんな課題でお困りで、何をどう解決したいと思っていらっしゃいましたか?

我々は、駐車場の会社で、特に私の部署が全国の月極駐車場を取り扱って、WEB上に掲載してお客様に紹介する、という事業を行っておりますので、どれだけ情報を集めて掲載させて頂くか、という「情報量」が一番のキモになっています。そんな中でmacciを導入する前は、弊社の営業マンが足を使って、且つ、営業中の合間で探していた情報を社内で蓄積していくという方法でおこなっていたのですが、やはり広域のエリアを網羅できないことと、最新の情報を探しきれない…という課題があり、「情報量」と「鮮度」をどのように担保していくかが、ビジネス拡大していくにあたっては課題だと思っていました。Googleのストリートビューを使って看板情報を見つけていく…という事もおこなってみたのですが、これも大変すぎる。WEB上でいろいろ集めてみた結果、実際存在している駐車場数の4割くらいしか見つけられていないだろうという実感値でして、そこが一旦限度なのだろう…と。とはいえ、社員数も限られているので、社員が広いエリアを探しに行くかっていうのは、なかなかその時間もとれないですし、そこが課題だな…と思っていました。

何が決め手となって、macciを導入して頂いたのでしょうか?

まずは、「こんなサービス見たことないな」という斬新さですね。「人海戦術で街を漏れなく網羅して調査したものをデータ化する」というサービスは、少なくとも私が知る限り、なかったですね。例えば、類似的な手法として人材派遣会社から調査員を派遣してもらったり、もしくは自社でアルバイトさんを雇用して情報を収集するという手法もあったかもしれないんですが、なにぶん弊社が直接人を雇用してっていうのは、ノウハウもなかったしコストも掛かる。御社は、人材会社さんでもあるということで、餅は餅屋ってことで信頼できましたね。

実際にmacciを導入してみて、いかがでしたでしょうか?

やっぱり、情報量に関しては、期待通り、漏れなくしっかり集めて頂いたんだ、と感じる初回の納品でしたので、そこはもう期待以上の内容でした。そして納品後も、御社のご担当のかたが、細やかなメールやコミュニケーションを取って頂いたり。今回初めてお取引させて頂いて、正直、御社のお名前も初めて伺う会社さんではあったんですけど、そこはすごく信頼をさせて頂ける内容だったかな、と改めて感じながら、今現在もmacciの利用を続けさせて頂いています。
そして最も有効だと感じている部分は、「現地の“今”の画像を見ることができる」という点です。当初は、「現存している駐車場の看板情報がデータ化されている」という部分に魅力を感じていたのですが、それらの情報が、御社のシステムのマップ上で、写真で見ることができる、ということは、業務効率面で非常に便利であると、実際に運用してから実感しました。我々の業界に限らず、やっぱり大事な情報っていうのは「現地」にあると思っていますので、実際現地で撮った「生の写真」というものは、非常に価値のある情報ですので、これからも上手く活用できればと考えています。