TOPICS

大阪府枚方市と株式会社Review
連携協定事業結果報告

システム・アプリ開発およびビジネスマップサービス「macci」(マッチ)の開発を行う株式会社Review(リビュー)(大阪市中央区、代表取締役:藤本茂夫)は、大阪府枚方市(市長:伏見隆)と連携協定を結び、枚方市の学生を雇用し、今後の枚方市政策形成の遂行(EBPM)に繋がる市内のデータ収集を行いました。本事業は、2020年6月1日~7月31日の期間で実施し、枚方市在住の学生23名を雇用し、合計4,990件のデータを枚方市に納品致しました。以下事業における調査結果をご報告いたします。

■本事業開始時プレスリリース(2020/6/1)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000043858.html

■本事業の内容
枚方市の学生をアルバイト雇用し、枚方市内の全域の街中調査を行います。
アルバイト学生は弊社調査用スマートフォンアプリを使い、指定の調査項目を撮影し位置情報とともに送信。弊社内でデータ入力・整備を行い、枚方市に無償提供いたします。

■調査事業の結果
<期間>
2020年6月1日 14時よりアルバイト応募開始
2020年6月20日~7月30日 調査

<雇用状況>※すべて枚方市在住学生
応募総数 67名
採用数  23名

<調査範囲と時間>
調査面積 57.97 km2
稼働総時間 405時間21分

<調査結果集計>
*空き家(調査対象総計) 3,643件 
 空き家件数 1,522件(※)  
※外観からの目視調査によるもので、枚方市の空き家総数を示したものではありません。
*交通看板(通学路注意など)(合計)1,347件
===============
データ総計 4,990件 

<枚方市への納品分析データ一例>※上記集計を元に下記の分析を実施
*空き家
 ・町ごとの各撮影件数
 ・空き家の状況と人口増加率の比較
 ・居住環境保全区域、居住誘導区域、都市機能誘導区域ごとの空き家件数 など
*交通安全看板
 ・看板が設置されている場所と破損状況、数
 ・町ごとの看板設置数と面積、密度、人口増加率(H28.7-R2.7)の比較
 ・町ごとの看板の破損状況の件数と割合
 ・看板種別ごとの破損状況 など

■プロジェクト立ち上げの背景
コロナ禍、僕らにできることは何かないだろうか?!スタートアップ会社CEOが自ら語る「故郷への恩返し事業」のプロジェクト秘話
https://prtimes.jp/story/detail/oroWGjuyWrk

■本事業を終えての就業学生の声
【枚方市調査プロジェクト?アルバイトを失った学生を支援?】23名の枚方市在住学生が作った、市のミライに繋がるデータ!
https://prtimes.jp/story/detail/MxzWG9uG1rE

■枚方市について
所在地:大阪府枚方市大垣内町2丁目1-20
URL:https://www.city.hirakata.osaka.jp
市長:伏見 隆