TOPICS

2018年10月18日付けの日刊工業新聞朝刊紙面、オンライン記事に「macci」新サービスを取り上げて頂きました

☞掲載記事はコチラから




(引用)リビュー、首都圏・関西の空き地情報を提供 不動産・通信機器販社向け

Review(リビュー、大阪市中央区、藤本茂夫社長、06・7730・9109)は、首都圏や関西地域で直近3カ月以内の空き地や駐車場などの最新情報を、パソコンや携帯端末などで閲覧できる独自サービス「macci(マッチ)(マッチ)」を始めた。不動産会社や通信機器販売会社などをターゲットに、有償で情報提供する。1年後のサービス売上高が1億5000万円、契約件数は500社を目指す。 展開するサービスは、リビューの調査員が直接現場で集めた、空き地や月極駐車場、更地、新築物件などの最新情報を閲覧できる。所在住所や管理会社、住宅メーカーの社名や連絡先などが分かる。インターネット検索やグーグルマップでは見つからない情報を提供する。東京都の千代田区など計6区、大阪市の北区など計5区から始め、順次地域を拡大する。 同社の調査員は主婦やシニア層を中心に約300人と契約する。首都圏や関西圏の車が入れない場所なども、きめ細かく調査する。 サービスの基本利用料はスタンダード(3カ月契約)が月額9800円(消費税抜き)。地域別の情報料は3カ月契約が同1万円から。情報は3カ月ごとに更新される。 リビューは、総合人材派遣業のアディション(大阪市中央区)から分社化して2016年3月に設立。顧客から建築中の新築物件をリアルタイムで探したいという要望があり、主婦やシニア層の活用にもつながる、今回のシステムを開発した。